人生は短い!

人生論

どうも、こひなた花ブログへようこそ!

今日は人生の短さについて

話していきたいと思います。

人生は短い

人生は短いと感じますか?

今まで生きてきて人生は短いとは感じたことはないと思います。

人生の時間の長さは使い方によっては

長くも

短くも

なっていくのです。

この結果は死ぬときに初めて

自分の人生は長かったのか

それとも短かったのか

感じる事でしょう。

時間をうまく使えれば

時間をうまく

自分にとって有意義に使えた人は

おそらく自分の人生は

充実した長い人生だったと

満足感をもって

この世をされることでしょう。

しかし、

何もせず

だらだらと

「めんどくさいから」

「明日があるから」

「いつか始めよう」と

自分のしたいことも

しなくてはならないことも

先延ばしにして過ごしている人は

死ぬ時が来た時に

自分の人生はやりたいことも満足にできず

なんて短い人生だったのだろう

と後悔してしまうかもしれません

人生には何かを成し遂げるには十分な時間がある

人生には

「何かを成し遂げた人」にも

「何も成し遂げなかった人」にも

平等に時間は流れているのです。

この両者の違いは

「実行したか」

「実行しなかったか」

の違いだけである。

無駄なことに時間を奪われない

あなたは無駄なことについつい時間を浪費していませんか?

無駄な時間とはなんなのか?

もしも、街中で

「5分だけアンケートに答えてくれませんか?」

と話しかけられたとしましょう。

そのときあなたは

そのアンケートを受け入れますか?

そんなに急ぎの用事がなければ

もしくはお礼の品がもらえるのであれば

「少しは協力してもいいかな?」

と思う人も少なくはないでしょう

それはあなたが命は永遠にあるかのように錯覚しているからなのです。

もしも命が残りわずかだったら

もしもあなたの余命が残り1か月だったのなら

あなたはさっきのアンケートに答える余裕はあっただろうか?

「そんな暇はない」と

アンケートに答える時間があったのなら

自分の為に時間を有効活用しようと考えるのではないでしょうか?

私が言いたのは

アンケートだけが時間の無駄というのではなく

自分の時間に限りがあるのなら

「時間をどう使うか必死に考える」

という事である。

あなたのしたいことは?

あなたにもししたいことがあるのなら

それは先延ばしにするのではなく

すぐ実行に移してみた方がいいという事です。

アップルの創業者

スティーブジョブズの有名な話で

鏡の自分に

「もし今日が人生最後の日だとしたら、私は今日やろうとしたことは本当にしたいことだろうか?」

と30年間、毎日問いかけていたそうです。

ほとんどの人は

死を目前にして時間がどれだけ大切なものなのかを

知ることになるのです。

死を目前に焦るのではなく

今から限られた時間をいかに大切に過ごしていけるかが考えていかなければならないのです。

自分の大切な人と有意義な時間を過ごせるように

喧嘩なんかをしている場合ではありません。

今、大切な人と喧嘩しているあなた

もしも明日あなた、もしくは大切な相手がこの世を去ることを知ったら

喧嘩なんてしている場合ではないですよね?

なので、常に自分の人生は長いものであるとは考えずに

一生懸命に一日、一日を大切に生きていきましょう。

更には不摂生などをして病気になってる時間もありませんよ!

相手の時間も尊重する

自分の時間はもちろん大事ですが

相手の時間ももちろん大事です。

自分の時間を尊重するように

相手の時間も考慮して過ごしていかなければなりません

相手の時間を軽視すると

あなたが

相手にとって時間を割くまでの存在でない場合

トラブルの原因になってしまったりします。

時間は自分にとっても相手にとっても

無料ではないのです。

「タイムイズマネー」なのです。

ほとんどの人は時間を無駄に過ごしている

あなたは何か人生においての目標を立てたときに

「将来こうしたい」とか

「何年後にはこうなっていたい」とか

漠然と「こうなったらいいのにな」と

思うだけで実行に移していないのではないだろうか?

しかし、自分が長生きするという保証はどこにあるのだろうか?

将来にフォーカスをして

今を生きている自分をないがしろにしてはいないだろうか?

思ったら即実行!

思い立ったら吉日!

限りある人生の時間を一秒でも無駄にしないために

行動に移していく実行力が必要である。

今日一日を

有効に使おうが

なんとなく過ごそうが

時間は絶えず進んでいる

だったら先延ばしにするのではなく

今を有効に使いましょう

多忙は人生を短くする

多忙とは自分の時間を

自分の為に使うのではなく

与えられた仕事を淡々とこなし

人の為に浪費していく行為である。

多忙は、思考能力も停止させ

健康状態も悪化させ

自分の人生を悪化させる何ものでもないのである。

自分の人生一度きり

ブラック企業に勤め

家族との時間も取れず

自分のしたいこともできず

何のために働いてるのか

働いている目的はなんなのか?

仕事の為に生きているのか

自分の為に仕事をするのか?

家族のために働いているはずが

家族をないがしろにして働いてしまっているのでは本末転倒ではないだろうか?

家族の笑顔の為に働いているという人は

本当に一度立ち止まって考え

家族と相談しその仕事を辞めたほうが

一時は経済的に困窮するかもしれないが

人生の満足度は格段に向上するかもしれない。

何が大事なのかを天秤にかけ

大事な方をとれるように真剣に考え直してみて欲しい。

本を読む

最後に本を読むといいでしょう。

本というのは

時間という枠を超え

人生の生き方の手本を学ばせてくれる

最強のツールなのである。

自分のなりたい方向へ導いてくれる

そんな教科書なのだ

本は買えないという人は

電子書籍で簡単に購入できるので

そちらから始めてみてはいかがだろうか?

私の読んだおススメを紹介しておきます。

以下はアフィリエイトリンクを含みます

私の財産告白 (実業之日本社文庫) [ 本多 静六 ]

漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す黄金法則 [ ジョージ・S・クレイソン ]

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫) [ 本田健 ]

上記3つはお金の勉強をするうえでとても参考になる本でした。

今回の話を要約すると

人生は短い

無駄なことに時間は使わない

明日死ぬかのように必死に今日を生き

永遠に生きるかのように学び続ける

ということです。

みなさん人生は有意義に過ごしましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました