【安くできる!】プロパンガス料金

お金の勉強

今回は、都市ガスに比べてどうしてもガス料金が高くなってしまう「プロパンガス」をご利用のみなさまが

どうにか、「プロパンガス料金を安くできないか?」というお悩みにコミットしたいと思います。

その中でも今回は、こんな事にお困りの方が対象のお話です!

  • 戸建にお住まいの方
  • 都市ガスに変えれないから困ってるという方
  • どうにか安くできないか知りたい方

というみなさま向けです。

今回のこの記事を見れば「月々のガス料金を安くする方法」の一手段がわかります。

「プロパンガスは高い」と思ってる方は多いですが

「ガス会社変更で、プロパンガスが安くなる」と知る方は多くありません。

ガス会社変更は「一切無料」! 面倒な手続きも代行しますので「カンタン」!

2年縛りなど契約者を縛る事も無く、料金保証サービスもありますので

【ガス料金がカンタン・無料で安くなる】

【ガス会社変更後も料金保証サービスで安心】

のサービスを紹介したいと思います!

それでは最後までご覧ください!

この記事にはアフィリエイト広告を含みます

【まずはお試し!】ガス屋の窓口


ガスを利用するご家庭のうち、プロパンガスを利用するご家庭は約45%

ですが、ガス会社を変更するだけで「ガス料金が安くなる」と知らない方が多いのが現状です。

「カンタン&無料」で契約者を縛る契約も無し。

最大で年間50,000円以上もガス料金節約と、わかりやすいメリットも特徴です。

「調べるのは面倒なんじゃない?」という方

安心してください。

  1. 手元に自分の月々の検針表をお手元にご用意し、電話で相談
  2. スタッフが最適なガス会社・ガス料金をご案内
  3. その内容を確認し納得の内容だったら、変更依頼
  4. 「ガス屋の窓口」からガス会社へ変更の連絡
  5. 契約ガス会社から、あなたへご連絡が入り
  6. ガス会社と日取りを調整し、ガス会社があなたのお家へご訪問
  7. 訪問時に申し込み内容に署名・捺印(訪問が難しい場合は、郵送・投函で書類の提出可能)
  8. 現業者への解約手続きは「ガスの窓口」が実施
  9. ガスの交換・メータ交換作業

で終了です。

あなたの作業としては太字の部分のみです。

とても簡単な作業で月々のガス料金が安くなるなら相談してみる価値ありですよね!

ガス検針表の見方

①ガスご請求月

何月分の請求金額なのかが記載されています。

②ガスの使用量『㎥』(りゅうべい/りっぽう)

ガスの使用量に使われる単位として、『mi(立米[りゅうべい])』が使われます。

一般的に家庭用に設置されているガスボンベ(20kg)の場合、プロパンガスは約10.18㎥

入っています。

通常、「今回指針」から「前回指針」を差し引いた値で示されます。

③ご請求金額

①に記載された期間の請求金額です。

④指針数

「今回指針」から「前回指針」を差し引いた値が②の使用量になります。

⑤料金プラン

基本料金と従量料金で構成されています。

従量料金=使用量=従量単価となり、㎥あたりの金額がわかります。

基本料金と従量料金で構成されています。

従量料金-使用量=従量単価となり、㎥あたりの金額がわかります。

上記例:12,012円÷39㎥=308円/㎥

⑥電気料金

プロパンガスと電気のセットプランを利用している場合には、ガスの検針票に電気料金の記載がされる場合があります。

プロパンガスの検針票を見るときの注意

この検針票は代表的な例です。

基本料金と従量料金を明確に表示し、従量料金単価も使用料別に分類して記載している極めて良心的なプロパンガス(LPガス)販売会社もあります。

一方で、名前・検針日・使用量・請求額といった最低限の記載しかされていない検針票を取り扱っているプロパンガス(LPガス)販売会社も数多く存在しています。

特に基本料金と従量料金は、請求額を提示する上で重要な数字であるにも関わらず、まったく記載しない会社も存在します。

基本料金と従量単価は記載されていないと、他の会社と比べて高いのか安いのか比較することが出来ません。

実は料金設定が高額と知らずにガス会社と契約を続けてしまうのが、プロパンガス(LPガス)業界の問題の一つなのです。

また、ガスボンベの初期設置費や管理費などを別枠で上乗せして請求しているガス会社も見受けられます。

自分のガス料金は高いの!?

北海道の平均的なプロパンガス使用量は以下の通りです。

基本料金従量料金
2,170円871円

これじゃあ高いか、安いかわからないですよね

説明します。

ガス料金は以下の計算式で計算します。

ガス料金=基本料金➕(従量単価✖️使用料)

なので上記の検針表を参考にすると

ガス料金=2,170円➕(871円✖️39㎥)

=36,139円となります。

上記の図の従量単価308円とかなり安いので、今回の計算がみなさんの家計に近いと思います。

自分で計算してみて、我が家の従量単価は高いのか調べてみてください!

まとめ

プロパンガスは平成9年に自由化されましたが、ガス料金は高いまま。

都市ガスに比べて、高すぎるプロパンガス料金にお困りの方はたくさんいらっしゃると思います。

みなさんが相場を知らないことをいいことに高い料金のまま運営しているプロパンガス会社は少なくありません。

そんなのは悔しいし、実際家計にも大打撃なので

今回紹介した「ガスの窓口」で、一度ガス会社の変更相談をしてみてはいかがでしょうか?

相談してみて納得できないなら、やめればいいだけなので決して安くないガス代の見直しをご検討ください!

↓↓ここからサイトに飛べますので参考までに↓↓


コメント

タイトルとURLをコピーしました